新型コロナ蔓延防止を目的とした緊急事態宣言発令。
今の日本は、政府からの外出自粛や営業休止の要請によって、働き方の改革を余儀なくされている。

デスクワークは出勤せず自宅で。スタッフや取引先と直接会って行われていた会議は、ビデオ通話ソフト及びアプリを利用したオンラインミーティングへ。営業や取材などもそれらの活用なしに不可能となりつつある。これまでの常識が覆された今、我々は新しい仕事スタイル、もっと言えば、新しいライフスタイルを構築しなくてはいけなくなった。

以上の状況を踏まえ、音楽業界中心にライター&インタビュー業に勤しんでいる平賀哲雄と、Web制作会社である株式会社プレッシャーポイント代表取締役・石川達也、両名のオンライン異業種対談を実現。この非常事態をどのように乗り越え、どこに活路を見出していくべきなのか。その答えを探るべく赤裸々に語り合った。ぜひご覧頂きたい。

IT業界、緊急事態宣言によって変わったこと

平賀哲雄(以下、平賀):石川さんとは、オンエアナビでのコラム連載をご依頼頂いてからのお付き合いになります。あのサイトもそうでしたが、御社はWeb制作をメインビジネスとされていますよね。オンライン業務が元々大半だったとは思うのですが、緊急事態宣言によって何か変わってきた部分はありますか?

石川達也(以下、石川):たしかにリモートでの仕事がしやすい業種なので、緊急事態宣言が出る前から社員はローテーション制で出勤するようにしていまして、今は僕だけが会社に出勤していて、社員の皆さんは全員テレワーク。それでもほとんど業務上に支障はないです。ただ、セキュリティの都合上、お客様のサイトのデータを更新する際などに「このIPアドレスでしかログインできない」といった制限がありまして、事務所にどうしても来なくちゃいけないとか、そういうケースはありますね。

平賀:取引先との打ち合わせもオンラインで行われていますか?

石川:オンラインがメインになってきていますね。ただ、そもそもお客様とどうしても打ち合わせをしなきゃいけないのは、サイト制作のキックオフタイミングぐらいで、それ以降は直接お会いしなくても、メールやオンライン会議で成立していたんです。なので、そこまで極端に変化した感覚はないですね。

平賀:では、この状況下で逆に仕事が増えていたりもする?

石川:緊急事態宣言の発令直後は増えましたね。どのお客様のサイトも休業のお知らせや今後の対応について、サイトに掲載しなければならない状況でしたので、その作業は一時的に増えました。ただ、観光とか海外レジャーなどのジャンルの案件は残念ながら減ってきていますね。

平賀:その減った分の補填対策などは考えているのでしょうか?

石川:近年は企業の動画制作の仕事が増えておりまして、それこそ人物を撮影したり、編集をしたり、テロップを入れたり、それを完成させたらお客様のサイトで公開する。アメリカのゴールドラッシュの時に似ていると思うのですが、あの頃って実際に金を掘り当てた人たちより、金を掘る手助けをするジーンズ会社や、金を掘る道具を売る企業が盛り上がっていた。動画周辺ビジネスも同じ状況で、そこは新型コロナの影響もあって加速している印象を受けます。5Gも追い風になっていますね。

平賀:羨ましい限りです(笑)。

石川:なので、IT業界はこれからも盛り上がっていくと思います。例えば、直接買い物に行くことが出来なければ、オンラインショッピングが求められる。そうなると、これまでそこにあまり注力していなかった企業も「しっかりやっていこう」という意識になりますよね。だから仕事は増えていく。平賀さんが主戦場としている音楽業界はどうなんですか?

では、音楽業界は?

平賀:個人的には、音楽メディアがCDから配信に移行していった転換期に似た状況だなと思っています。現場に足を運んで観るライブがオンラインで観るモノになったり、僕の仕事で言えば、今までアーティストと直接対面して行っていたインタビューもオンラインでするようになったり。ただ、今はまだそれらに対して「緊急事態だから」という意識もあると思うんですよね。

石川:なるほど。

平賀:当然、ライブはリアルに体感したほうが感動するし、インタビューも直接会って話せたほうがエキサイトするし、コンテンツのクオリティも高いモノになるので。僕自身も俄然そっちを重要視したい人間なんですけど、でも、これからも断続的に外出自粛や営業休止の要請があると想定したときに「仕方なく」じゃなく「オンラインでの理想系を全力追求する」にシフトしないと、僕も含めて飽きられるなと思っていまして(笑)。

石川:いやいやいや(笑)。

平賀:でも、本当にそう思うんです。だって、お客さんからしたら、リアルだろうが、オンラインだろうが、新型コロナが流行っていようが、ライブならライブ、インタビューならインタビューの内容が面白いかどうかで判断する訳じゃないですか。今はまだ「エンタメ業界も大変だから応援しなきゃ」という意識があると思うんですけど、この状況がもう数ヶ月続けば「オンラインじゃ感動しないな。申し訳ないけど、これにお金は払えないな」という気持ちに変わっていく可能性は高い。であれば、オンラインでもリアルに負けじと「すげぇライブだ!」と涙させなきゃいけないし、インタビューも「むしろ新型コロナ以降のほうが面白くなった」と喜ばせなきゃいけない。ま、それは本当に大変な努力が必要だと思うんですけど(笑)。ただ、まだそのモードに振り切れていないのが現状だと思っていて、そこがCDから配信へとスムーズに移行できなかった状況と似ているというか、リアルもオンラインも大事だけど、その落としどころの見極めには時間がかかるんだろうなって。

オンラインを活用した新たなスタンダードとは?

石川:先日、平賀さんも観ていた【BLOCK.FESTIVAL】の生配信ライブを僕も観させて頂いたのですが、m-floの3人バラバラな場所でひとつのライブを形にしていく姿に驚いて。クオリティも高かったし、投げ銭でビジネスとして成立させていくシステムも含め、すごいコンテンツだなと。あれに対して、平賀さんのフォロワーの方だと思うのですが、本来は現場に行ってワチャワチャしながら観るライブも好きですけど、家でお酒を呑みながらゆっくり楽しめる喜びにも気付いたと。僕もまさにそうだなと思って。音楽を好きな人が全員ライブハウスに行けるかというと、距離の問題もありますし、中には「人混みは疲れるから苦手」という人もいる。でも、自宅で簡単に観れるのなら観たい人もいるわけで、そのニーズに応えている非常に素晴らしいモノだなと思いました。

平賀:技術的には今までも出来ることではあったけど、やらざるを得ない状況になったことで「どうせやるんだったらコレを極めよう」と本腰を入れて形にしたのが、あの日のm-floのライブ配信だったと思うんですよね。3人それぞれ同じ場所にいないのに一体感は凄かったし、部屋でお酒呑みながら踊り出しちゃう人も出てくるぐらいのクオリティとグルーヴがあって。それで「外で観るライブと家の中で観るオンラインライブ、どっちが好きか?」という視聴者アンケートを取った結果、40%ぐらいが「家の中」だった。あれはm-floやMINMIたちがオンラインでもそれだけ本気のライブを届けた結果だとも思うし、同時に「あの40%は普段ライブに足を運ばない人たちだな」とも思ったんですけど、それって全然悪いことじゃなくて、新たなリスナーやファンを獲得したとも受け取れる。そういう意味では、今世界中で行われている無観客ライブや自宅ライブの配信によって、音楽を熱心に聴く層が一気に広がっている可能性もあるんですよね。

石川:今まで取りこぼしていたお客さんが振り向いてくれている。だから今って一概にネガティブな状況ばかりじゃないんですよね。MINMIさんも「シャナナ」とか「サマータイム」とかのライブ映像は観たことありましたけど、この機会にガッツリ観て「やっぱり良いな、凄い人なんだな」と改めて知ることができました。それもこういう状況下だからこそ知れたことだと思いますし、気付いたらMINMIさんの作品をダウンロードしてましたからね(笑)。

平賀:それはすごくポジティブな話ですよね。しかも自宅で限られた機材だけでライブしていて、視聴者にそれだけのリアクションを起こせた訳ですから、「コロナが収束したら、100%環境が整った状態のMINMIのライブに行きたい」と思った人もいるでしょうし。

石川:自宅配信で、あれだけ魂を揺さぶられるライブでしたからね。

平賀:なので、あの手のライブは、現場でのライブ以上に実力や魂が試されるなとも思いました。緊急事態宣言からのstay home運動の流れで、リレー式でライブ動画をツイートしていく「#うたつなぎ」なるムーヴメントもありましたけど、全力で歌っている人って少なかったと思うんです。ストレス軽減やリラックスをテーマにして歌われている方が多かったのかもしれないけど、あれで「やっぱり現場でライブ観たいなぁ」と思う人はいても、「号泣しました!」みたいな人は少なかったんじゃないかなと。でも、MINMIはあんなに歌いづらい環境下でも、自らも泣き出してしまうほど必死に何かを伝えようと熱唱していた。あれだけのライブを演出も大した音響設備もない、バンドもオーディエンスもいない自宅でもお届けできるかどうかって重要だと思うんですよね。それでお金を取るなら、なおさら。

石川:その話は僕らのビジネスの世界でも同じですね。今やスマホで誰でも動画なんて簡単に作れる時代だからこそ、日々ちゃんとスキルを研鑽して、高いクオリティのモノを提供できないと仕事にならないんですよ。なので、アーティストさんもそうですし、我々みたいな制作業者にも同じことが言える。

平賀:このコロナタイミングで、オンラインを活用した新しいスタンダードが次々生まれてくるとして、きっかけは「みんなもやってるから、自分もやってみよう」でいいと思うんですけど、それに対して浅く考えるか深く考えるか、熱くやるか緩くやるか、この選択次第で未来は大きく変わりそうですよね。あらゆる業界に言えることだと思うんですけど、新しいスタンダードで結果を出せた人たちがこれからの主役になっていく。今は超無名の人でも本気出せば一気にのし上がれるチャンスなのかもしれないし、新しい何かが生まれてくるかもしれない。そう考えると、この状況ってワクワクしてきますね(笑)。

石川:僕らの業界は、3.11以降でスマホやSNSが一気に求められるようになって、それが新たなスタンダードになっていったんですね。そういうことが音楽業界でもあっただろうし、いろんな業種の中であったと思うのです。あの流れが今また確実に来ている。平賀さんは、今後の音楽業界はどうなっていってほしいと思いますか?

今後の音楽業界の打開策について

平賀:CDが売れづらくなって、音源で稼ぐのが難しくなって、大体のアーティストはライブで稼ぐようになっていったんですよね。グッズもそうだし、CDもお店よりライブ現場メインで売る人たちが増えていった。そこで得た資金を新曲やPVの制作にまわしてリリースしていく流れが主流になったんです。でも、新型コロナと自粛要請でライブが出来なくなってしまった。で、配信で投げ銭ライブをする人たちも出てきたけど、まだビジネスとしてはさほど成立していない。だからこそ、先ほど話したことが重要になってくるとは思うんですけど、でもやっぱり稼ぐなら単発ライブよりツアーなんですよ。ただ、緊急事態宣言の期間が終わっても「自分の住んでいる都道府県から出るな」と言われている。だから望むことはひとつですね。結局は自粛要請の解除(笑)。というか、自粛ムードの終焉ですね。

石川:結局、そこに尽きるんですね。

平賀:ライブハウスもどんどん潰れていますからね。日本最大のライブ街である渋谷道玄坂の有名店ですら閉店に追い込まれてしまった。ということは、もうどこが潰れておかしくないんですよ。クラウドファンディングで救える範囲にも限界があるし。だから「アフターコロナ、ウィズコロナ」なんて言葉が流行っていますけど、コロナ完全消滅があり得ないのなら、1日でも早く「ウィズコロナ」のムードになってほしい。自殺に追い込まれたとんかつ屋さんの二の舞、三の舞が出てくる前に自粛ムードが消えてほしい。極論を言うと、これしかないです。日本政府が自粛要請を解いても、新型コロナの予防薬や特効薬が市販されても、自粛ムードが消えなければ、批判の的であり続けるじゃないですか。コロナじゃなく「ライブ、ダメ、ゼッタイ」の同調圧力に潰されてしまう。

石川:打開策はないのですかね?

平賀:もちろん、ライブ配信をビジネスモデルとして確立できるようになれば、今の状況下が続いても生き残れる人たちは出てくると思います。あとは、こうなるずっと前から、あたりまえのように自宅からコンテンツを発信してきた人たちですよね。いわゆるVTuver。VTuverのファンは自宅で彼らのライブや番組を観るのがあたりまえなので、あのビジネスモデルを採用したり、改良したりしながらアーティスト活動する人たちは出てくるかと。ネットの世界の住人になってしまうパターン。すでにVTuverと類似したアプローチで収入を得ているアイドルはたくさんいますから。あとは、めっきり敵だらけになってしまったエンタメ業界のイメージを変えることですかね。

石川:敵だらけなんですか?

平賀:ライブをやれば非難轟々、政治に口を出せばファン離れ、アイドルが笑顔の写真をツイートしただけで「不快だ、不謹慎だ」と騒ぎ立てる輩もいますし、それは極端な例にしても、毎日のようにジャスティスハラスメントの餌食になっていますからね。で、それに反撃すれば大炎上。どんどん殺伐とした気持ちになってくる。永遠に対立状態じゃないですか。であれば、初心に立ち返って、そういうエンタメを軽んじている皆さんも「この曲、すげぇじゃん!」とファンにしてしまえるぐらいの音楽を届けるとか、めちゃくちゃ笑える一人芝居を配信して「この人、面白い!」と思わせるとか、エンタメやアート本来のアイデンティティである「楽しませる、感動させる」で勝負する。いつかの長渕剛の受け売りなんですけど(笑)。志村けん追悼番組で爆笑の渦を生んだ加藤茶のように、そこを貫いてほしい。これが遠回りのようで最も近道なのかもしれないとも思うし、僕もそういう音楽を見つけては紹介していきたいなと思っています。

石川:いやぁー、良い話が聞けました!

平賀:石川さん、インタビュアーに向いていると思います(笑)。

2020.5.17 ハングアウトにて対談
テキスト&編集:平賀哲雄

プロフィール

平賀 哲雄

1999年に音楽情報WEBサイト「hotexpress」を立ち上げ編集長を務める。
2012年より「Billboard JAPAN.com」で編集長を歴任。
現在はフリーでインタビュアー、ライター、司会進行、コメンテーターをメインに活動中。
twitter:@Tetsuo_Hiraga

石川 達也

2002年にマーケティングコンサルティング会社として有限会社プレッシャーポイントを設立。
2007年よりWeb制作を事業の主軸に変更し、株式会社化。
現在はWeb制作や動画制作のプロデュース、ディレクション、企画などを担当している
HP:pressurepoint.jp